自分で解決できる?

一軒家とマンションでは、排水管の状態も違い、あなたが修理をしようとした場合、間違った修理をしてしまうかもしれません。まずしなければならないのは、トイレの症状を知ることです。

自分でもできることはあります。何も流していないのにつまったりする場合において、まずは、排水マスを確認してみましょう。一軒家の場合では、排水マスはおおかた、屋外のトイレのそばです。排水マスのふたを開けてみて、排水管に問題は無いかチェックをしてみましょう。そして、ここに異常があれば、やっぱり、後は業者にお願いするのが妥当な方法です。

マンションなどでは壁の中で縦管になっています。ですから、やっぱり業者に依頼ということになりそうですね。できる限り排水マスに異常があるというケースでは、水を流さないようにしてください。

やっぱり、トイレのつまりで一番恐いのは、トイレの水が溢れ出してしまうことです。ただし、一気に流さないで、チョロチョロと流してみて、水の引き方を確認する作業をしてみましょう。それで、ある程度、便器の状態を判断することが出来ます。

水が全く引かないケースや、水が上がってスーッと引くケース、時間をかけてゆっくり水が引くケースなど様々症状があります。水が上がってスーッと引くケースの場合、ほとんどのケース、トイレのつまりは、異物をつまらせてしまったからのようです。水が全く引かないという場合では、水を吸って膨らむオムツなど流してしまった場合に起こるケースであり、生理用品や、紙類をたくさん流してもその症状は起こります。

流した物が間違いなく紙類というのなら、業者を呼ばず、スッポンで圧をかけて押し流す方法でも解消できます。確かに、トイレのつまりは、自分でできる場合もあります。紙類しか流していないという場合は薬品など使用する場合があります。でも、やっぱり原因って判りづらいものではないでしょうか。

参考情報★水トラブル専門ポータル【水漏れカイケツくん】★
トイレのつまりを自分で解決できる方法を掲載しています。