未分類」カテゴリーアーカイブ

自分で解決できる?

一軒家とマンションでは、排水管の状態も違い、あなたが修理をしようとした場合、間違った修理をしてしまうかもしれません。まずしなければならないのは、トイレの症状を知ることです。

自分でもできることはあります。何も流していないのにつまったりする場合において、まずは、排水マスを確認してみましょう。一軒家の場合では、排水マスはおおかた、屋外のトイレのそばです。排水マスのふたを開けてみて、排水管に問題は無いかチェックをしてみましょう。そして、ここに異常があれば、やっぱり、後は業者にお願いするのが妥当な方法です。

マンションなどでは壁の中で縦管になっています。ですから、やっぱり業者に依頼ということになりそうですね。できる限り排水マスに異常があるというケースでは、水を流さないようにしてください。

やっぱり、トイレのつまりで一番恐いのは、トイレの水が溢れ出してしまうことです。ただし、一気に流さないで、チョロチョロと流してみて、水の引き方を確認する作業をしてみましょう。それで、ある程度、便器の状態を判断することが出来ます。

水が全く引かないケースや、水が上がってスーッと引くケース、時間をかけてゆっくり水が引くケースなど様々症状があります。水が上がってスーッと引くケースの場合、ほとんどのケース、トイレのつまりは、異物をつまらせてしまったからのようです。水が全く引かないという場合では、水を吸って膨らむオムツなど流してしまった場合に起こるケースであり、生理用品や、紙類をたくさん流してもその症状は起こります。

流した物が間違いなく紙類というのなら、業者を呼ばず、スッポンで圧をかけて押し流す方法でも解消できます。確かに、トイレのつまりは、自分でできる場合もあります。紙類しか流していないという場合は薬品など使用する場合があります。でも、やっぱり原因って判りづらいものではないでしょうか。

参考情報★水トラブル専門ポータル【水漏れカイケツくん】★
トイレのつまりを自分で解決できる方法を掲載しています。

再度トイレのつまりが

ティッシュペーパーや、お掃除シート、赤ちゃんのお尻拭きなどなど、そのようなものは、トイレが簡単に流してくれると思っているのではないでしょうか。流れてくれる場合もありますが、流れない場合もあります。非常にリスクは大きいので、やっぱりトイレには流すべきものを、量を意識して流したいものです。

芳香剤のふた、携帯電話、おむつ、生理用品……、このようなものが、トイレのつまりを簡単に起こしてしまうことになります。このような場合、やっぱり、スピーディーに業者にお願いすることが得策として考えることが出来ます。

トイレのつまりは、一時的に解消するかもしれません。しかし、再び、すぐにまたトイレのつまりが起こる場合があります。そのようなとき、原因の更に原因がありそうです。業者が、更に、ボールペンや、割りばしをトイレの奥底から見付けたというケースも多いようです。本当に、トイレっていろいろなものが流れようとして、留まってしまう場所なのです。

こういった細いものは、ある程度水も通してしまうので、なかなか原因を今まで究明できなかったりします。2~3日トイレットペーパーを流すことで、またまた、トイレのつまりが起こってしまうことになります。

トイレのつまりの問題

トイレのつまりは自分で修理できるものかもしれません。もちろん、トイレのつまりには原因があるはずですので、自分が修理というケースでも、原因をつきとめることからスタートします。前触れなく急にトイレつまりが発生した場合、便器に問題が起きている可能性が高いですね。前から流れ方がおかしかったりするケースでは、便器以外の問題もあるかもしれません。

そして、トイレのつまりは、何を流したのかというのも大事なポイントとなります。トイレはとてもデリケートなので、流すべきでないもの流してしまうことで、簡単に状態を悪化させてしまうのです。

自身では自覚はできるのかもしれませんが、家族が何か流してしまったということもあるかもしれません。原因がトイレットペーパーだとしても、トイレットペーパーの量が多かったりすれば、トイレのつまりは簡単に起こってしまうのです。そして、子供さんが玩具など落としてトイレのつまりが起こっているのかもしれませんし、更に子供さんが、点数の悪いテストを流してしまったということも考えることが出来ます。子供さんは、トイレが何でも流してくれるものと勘違いをしているケースが多いようです。

しかし、家族に問いつめても原因が判らないという時には、便器以外に問題が起こっている場合も考えることが出来ます。

トイレのつまり

トイレのつまりって、そう頻繁にあることではありません。しかし、確実に起こることであり、その時、どのようにしていいか全然判らないから途方にくれたという経験をお持ちの方々は多くいます。そのような時のため、あらかじめしっかり対策を取っておきたいのですが、なかなか日常生活において、そのような問題は後回しになるケースが多いようです。

ただし、実際に、つまりが起こってしまったらどういうことになるのでしょう。トイレは、一切使用できなくなってしまうのです。実際に、これ程不都合な問題はありません。水がじゃんじゃん溢れ出してしまっているかもしれません。その水は、汚水かもしれませんし、リビングのフロアまで、水が浸透してしまうこともあるかもしれません。

そのとき、いかにスピーディーな対応ができるかということが肝心なのです。もちろん、自分自身でしっかり対応することが出来ればいいですが。結論をいえば、すぐに来てもらうことが出来る、業者をあらかじめインターネットなどで調査をして、決めておきたいものです。そして、すぐに電話できるように判りやすい場合に、番号を書いておきましょう。

トイレの故障・つまりは、トイレのプロフェッショナルが、スピーディーに対応をしてくれます。たかが、トイレがつまっているだけなんて、安易なモチベーションは決して持たない方がいいです。ただし、もちろん、ノウハウがしっかり理解出来ていれば、自分でできる部分もある訳ですが。